• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

中部大学天文台5周年記念講演会「宇宙の姿」

【2022年5月11日】

中部大学天文台5周年記念講演会「宇宙の姿」

 5月11日(水曜日)国立天文台 台長 理学博士の常田佐久先生による「最新の観測でわかった宇宙の姿~天文学の成果と未来~」についてのご講演が中部大学にて行われました。対象は中部大学の学生及び院生、教職員とそのご家族となっていましたが、併設校である本校からも希望者のみ参加をすることができました。
 TMTと呼ばれる30メートルもの長さの望遠鏡を活用した宇宙観測により、日本はブラジルに並ぶ世界最先端の研究を行うことができているそうです。また、その望遠鏡に使われているレンズは一見宇宙とは関係のないと思われる三菱やcannonなど日本企業の技術によって支えられているということに大変驚いている様子でした。
 講演後、本校の生徒がインタビューを受け、緊張した様子ではありましたが立派に答えていました。将来について考える時期に、大変貴重な経験をすることができましたね。

 

講演会開始前の様子

 

   参加後にはとても素敵な笑顔を見せてくれました。

本校生徒がインタビューを受けている様子