• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

大学合格体験記

大学合格体験記をご紹介します。

「2019年度 進路の手びき‐Ambitious‐」より

早稲田大学 商学部 Iさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

ここでは、どうすれば合格を勝ち取れるのかを、東京大学を受けて落第した今思うことから記します。

<心構え>
目標は自分が納得できるレベルよりもさらに高くし、その目標達成までの道のりを小さなステップに分けることで地道な努力をすべきです。たとえ最初は周りがあきれるような高い志望でも、努力を続ければ案外手の届くところへ近づいてくるはずです。ちなみに、自分の志望校では、自分の得意不得意を加味しながら合格最低点に対して何点取れば受かるのかを調べることで、合格が現実味を帯びてくることがあります。
模試の結果はどんなに良くても後悔を探して猛省し、反対にどうしようもなく悪かったときは自分の反省点とともに成長した点も探し、自分の心をコントロールしてコンスタントに努力しましょう。
どんな小さなテストでも、とにかく一番を目指しましょう。ただ、一番を取れなくても自らを否定している暇はありません。それよりどうすれば次は改善できるかを考えて、すぐに実行してください。これは大変苦しいことですが、これを乗り越えた先に合格が待っているはずなので、心折れることなく努力し続けるべきです。

<実際の勉強>
受験では「日ごろ」やってきたことがよく出ます。もう二度と見ないだろうと思っていた単語や熟語、テストには出ないからと復習を怠っていた部分、課外学習でやった内容・・・・・・。「日ごろ」をおろそかにしてはいけません。そのためには、日々の授業を重んじて、自分の興味は追求し、一度出会った単語や熟語はノートにメモしていくなどして、完璧に押さえるべきです。つまり、
「問題の一題一題、単語の一個一個との出会いを大切に」しましょう。
勉強では、まず知識をつけ、知識がある程度ついてきたら思考力やセンスの養成にかける時間を徐々に増やしていきましょう。思考力やセンスは養成に長い時間がかかりますが、日々怠らずにやり続けることで、知らず知らずのうちに力がついていきます。ただ、少しでも怠ればすぐに力は落ちます。すぐには結果が出なくても焦らず続けましょう。
日本史や世界史では、赤い字で書いた部分を赤シートで追っていくだけでは一定以上の実力を得られません。因果関係や流れを正確に理解し、時代ごとのたてのつながりと同時によこのつながりも押さえることが重要です。自分は、ノートの文字をほとんど緑マーカーでいっぱいにしたり、教科書を熟読して真っ白なノートに内容をおおまかに書きなぐったりしました。いろいろと試して、自分に合った学習法を見つけましょう。

<センター試験・二次試験>
直前の12月から本格的に学習するとよいと思いますが、思考を要する問題や、苦手教科には早めから取り組みましょう。自分も夏休みから苦手だった数学に取り組みました。
本番での体験ですが、理科において、知識を活用して考える問題があり、最後まで悩み抜いた結果ひらめいて正解し、満点を取ることができましたが、これは直前期にたくさん問題を解いてスピード感覚に慣れ、落ち着いて考えることが出来たからです。
センター試験後は、自己採点結果に左右されず、二次に向けて切り替えましょう。また、前期が終わった後も、後期の出願時の倍率にだまされず勉強し続けましょう。後期はかなりチャンスがあります。
 
最後に、今日から何か一つでも変えていきましょう。たとえはじめは少ししか頑張れなくても、頑張ったという事実が皆さんの自信につながります。そして、志望校に受かる自分はどんな自分かを想像して、理想の自分に少しでも近づこうと努力し続けることが皆さんをきっと志望校に導くはずです。
 

名古屋大学 理学部 Kさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

大学受験を終えて、私が後悔したこと、大事だと思った4つのことについて書いていきたいと思います。

1.解けなかった問題を解けるようにする
これが一番大事なことだと思います。当たり前のことだと感じるかもしれませんがとても大変です。朝学、授業、補習、定期テスト、模試で間違えた問題をきちんと直しましょう。大事なのは、その日のうちに直すことです。私も何度後悔したかわかりませんが、何日も後回しにしたプリントは、たぶん一生解き直さずに終わります。

2.あれこれ手を出し過ぎない
これも大事です。学校で買った問題集と配られたプリント、志望校の赤本をとことんやりましょう。先生の話でなるほどと思ったのですが、問題集を何冊も解いても、できるところは同じように解けて、苦手なところは解けません。不安になると量をこなそうとしてたくさん問題集を買ってしまいがちですが、まずは一冊を完璧にすることを心がけましょう。

3.淡々と勉強する
受験期の時間は信じられないほど早く過ぎていきます。また、急激に成績が伸びることもあまりないと思います。だから、毎日の積み重ねが本当に大事だと実感しました。たくさん模試があって大学の判定も出て一喜一憂すると思いますが、本番でしっかりと力を出せるように淡々とやっていきましょう。また隙間時間も有効に使ってくださいね。電車やバスの中でスマホを開くのではなく単語帳を開く、車の中では英語を聞いてリスニング力をつけるなど、探すといろいろあると思います。

4.くじけない!
これから多くの模試を受けたり、大事な試験が近づいてきたりすると、どうしても不安になってきます。でも、不安にならない人の方が珍しいのです。定期テストや模試で悪い結果を取ってしまっても、自分の苦手なところを直そうと前向きにとらえて「直し」をしっかりしてください。

最後に、この4つのことは今までいろんな先生から何度も言われていることだと思います。ですが、この普段聞くアドバイスが本当に大事だと感じました。受験勉強は苦しいことがたくさんあると思いますが、皆さんが第一志望に合格できることを祈っています。
 

京都府立大学 文学部 Mさん

  • 特進コース(春日井市立中部中学校出身)

私は入学して以降、長い授業時間や日々の予復習に慣れてきた頃から進路について具体的に考えるようになりました。それから2年生の夏合宿での面談の後から少しずつ受験勉強を始めました。もっとも受験勉強といってもまんべんなく復習を行うというようなものではなく、好きな教科の復習を始めた程度のことです。当時はまだ受験が遠い先のことのように思えて、漠然としか定まっていない志望校に向かって邁進するモチベーションが湧かなかったことが大きな理由です。

しかし、3年生になって受験勉強に本腰を入れ努力しても、苦手教科の対策を残り1年で間に合わせることはかなり厳しいものでした。前もって始めていた得意教科の復習にも時間を割く必要があったからです。最終的に私は得意教科を先にやり始めていましたが克服しきれず、第一志望を変更することになりました。それでも得意教科に大きく助けられて、何とか当初の志望校よりもさほどレベルを落とすことなく満足のいく大学に無事入学できました。

私がこのような経験を振り返って思うことは、得意教科も苦手教科も最後まで効いてくるということです。その中でも得意教科をより高めておくことは点数の伸び幅が少ないように思えますが精神的に自信もつけられて、やって損はないと思います。また、自分の目標とする進路を早めに明確にすることも大切だと思います。

明確にここに行くと決めて邁進すると、その想定以上の学校に行けるほどの学力を身につけることも努力次第でできます。まだまだ時間はあります。追い詰められすぎず、日々の生活に体を慣らしてから、自分のやれることからこなしていくことを勧めます。

さて、ここまで私の経験を踏まえて体験記を書かせていただきました。ですが、この内容をそっくりそのまま参考にはしないでください。受験はあくまでも皆さんのものです。卒業した今となっては、頑張ってください、としか言えません。自分なりの良い取り組み方を見つけてそれを継続することもとても自分のためになります。受験勉強は大変ですが、終わってみればあっという間です。最後の瞬間まで頑張っても何かしら後悔が残ってしまう場合もあります。でも後悔をしないための努力をしなければ悔やんでも悔やみきれません。体調に気をつけて、先生の力も借りながら努力を続けてください。皆さんに良い結果がやってくることを祈っています。
 

岐阜大学 工学部 Sさん

  • 特進コース(春日井市立岩成台中学校出身)

受験勉強は、地道に努力を積み重ねることに他ならないと思います。

「努力は必ず報われる」という言葉の真偽は分かりませんが、「努力をせずとも報われる」ということは決して無いと断言できます。つまり受験という戦いに勝利するには努力をするしかありません。

ではまず、受験勉強の開始時期や終了時期は、いつなのでしょうか。

終了時期は明確で、第1志望校の合格発表日でしょう。「現役生は最後の最後まで伸びる」という言葉は本当のことなので、決して諦めることなく最後まで夢を追い続けてください。また、第1志望校の入試に手応えがあったからといって、それ以降受験し得る大学に向けた勉強を怠るということは傲慢です。自分を信じつつも、最後まで謙虚に勉強し続けることに大きな価値があると思います。開始時期についてはどうでしょうか。幸いなことに受験勉強にはフライングというルールが存在しません。早くに準備を始めるほど優位に立てる可能性があると いうことを念頭において、受験勉強を開始するべきです。他人にいろいろと言われてもやる気は起きず、勉強をしても身になることは少ないでしょう。スタート の合図を打ち鳴らすのは自分自身であるということです。

皆さん1人1人にそれぞれ合う学習法は違うと思うので、教科ごとの勉強法は自分で模索していただきたいのですが、数学の勉強において、自分が、特に実践して良かったと思うことを紹介します。それは、問題を解く際にB4版のコピー用紙を使うことです。皆さんは入試本番の数学の解答用紙の形態をご存じでしょうか?大問1問につきB4版の白紙が1枚配られ、そこに自分で答案を作成します。解答用紙にはノートにある罫線は存在しません。日頃から本番と同じように練習を重ねることで、本番での答案作成もスムーズに、採点者に見やすい答案を書くことができるはずです。

志望校合格のためには、模試を効果的に利用することも重要です。模試の使い方、大丈夫ですか?志望校の合格可能性の判定を見るためだけのツールと化していませんか?確かに志望校合格のための学力と自分のその時の学力の距離感をつかむことも大切ですが、模試受験後に自己分析をし、自分の得意分野や苦手分野を 明確にして復習を行い、自分の勉強の穴を1つ1つ埋めていくことが模試を受験する真意であると考えます。1年に数回しかないので1回1回の模試を大切に活用してください。

受験生として過ごす高校3年生の1年間は想像以上に過酷であり、成績が伸びず、思い悩む時もあるかもしれません。そんな時は自分の周りの、同じ合格という夢を見る仲間たちとお互いに支え合い、切磋琢磨して受験勉強に励んでください。受験は団体戦だということを忘れてはいけません。入試当日の試験会場で信じられるものは、ただ、その日まで自分が積み重ねてきた努力だけです。支えてくれる周りの人に感謝しながら努力を積み重ねてください。皆さんの健闘を祈っています。
 

愛知県立大学 外国語学部 ヨーロッパ学科 フランス語圏専攻 Mさん

  • 国際コース(春日井市立西部中学校出身)

私は第一志望だった愛知県立大学に合格しました。これから書く私の体験記はいい例とはいえませんが、何か参考になれば幸いです。

受験勉強する上で大切なことの1つは目標を持って勉強することだと思います。具体的には早く志望大学を決めることです。私は元々勉強が嫌いで得意でもなく、競争心なども特になかったため、特別悪い成績をとらない限りは頑張らなくてもいいと甘えていました。そんな私の志望大学が決まったのは高校3年の直前で、本格的に受験勉強を始めたのはその夏が終わった頃でした。今思うとこれは遅すぎます。何よりその時の私はそれまで私立大学を志望していたにもかかわらず、急に国公立大学に変更してしまったので大変でした。私立と国公立ではセンター・二次試験で必要になる科目数が違い、ずっと必要ないと思ってサボっていた理数科目が必要となってしまったときは、自分の無計画さに呆れていました。結局センターでは、理科・数学は他教科でぎりぎりカバーできるくらいにしか取れませんでした。自分が受ける大学はどの教科が必要になるのかを、できるだけ早く把握して勉強した方が効率よく勉強できます。将来のことを考えるにあたっても、大事になってくる大学選びは慎重になりますし、何かのきっかけで大きく考えが変わることだってあります。何といっても、目的を持った勉強での成績の伸び方はかなり大きいです。いまいち勉強に熱が入らないという方は、仮でもいいので志望大学を決めてみて、それに向けての勉強をしてみてはいかがでしょうか。

もう1つ大切なことは日々の授業をしっかり受けることです。これは当たり前のことだと思うかもしれませんが、意外と授業で寝ていたりする人は多いです。例外として、参考書を用いて1人で勉強するほうがやりやすい方もいるかもしれませんし、暗記物は自分での努力が必要です。ただ、答えを出すにあたっての基礎知識は授業を受けることで十分身に付きます。授業で一度理解ができれば、あとで本当に楽ができると思います。

受験は大きなプレッシャーがあったり、自分の思い通りの結果が出なかったりなど苦しい時期も乗り越えなければなりません。自分に合った勉強法を見つけるのに試行錯誤する時期もあると思います。周りの環境作りも大切ですが最後に結果を出すのは自分です。こんなに勉強をするのはこれから先にないと思うので、受験が終わった後納得できるような勉強をしてほしいと思います。
 

静岡県立大学 国際関係学部 国際言語文化学科 Oさん

  • 国際コース(犬山市立東部中学校出身)

私は受験が終わった今になっても受験というものがよくわからない。受験は運だとさえも思う。私は第一希望の大学の東京外国語大学に合格できなかった。これから私なりの受験期の勉強への取り組み方、受験への意気込み方を5つ紹介したいと思う。しかし、私はこのやり方で行きたい大学には行けなかった。だから私のやり方は効果的ではないかもしれない。あくまでも、「こういう取り組み方もあるのだ」という気持ちで読んでいただけたら嬉しい。

1つ目は、常に自分が行きたい大学を頭に入れておくことだ。目標がなければ辛いことも乗り越えられない。私は大学のパンフレットやyou tubeで大学のプロモーションビデオを観てモチベーションを上げていた。

2つ目は、各教科の具体的な目標点を早めに設定することだ。私はセンター試験でいい結果が残せず、第一希望の大学の2次試験すら受けることができなかった。センター試験さえ良ければと何回も思ったし、今でもやり直したいという思いがとても強い。センター試験で全てが決まると言っても過言ではないくらいセンター試験の結果に左右される。だから、まず第一にやらなければいけないことは、センターで各教科何点取れればいいかという具体的な点数を頭に入れておくことだ。そして、時間配分や、その点数を取るにはどのように勉強すればいいかなどを早めに決めて、何回も練習するべきだ。

3つ目は諦めずにやり抜くこと。私は何度も現実と自分の実力との差に苦しんだ。しかし私は東京外国語大学に行きたいという気持ちがとても強かったので何度も挑戦し続けた。結果は良くなかったがその気持ちがなかったら、今の大学に合格することもなかったと思う。担任の先生の「入試本番までに間に合えばいいのだから」という言葉に何度も励まされた。

4つ目は、私なりに考えた入試本番への向かい方を紹介する。私はセンターで、得意教科の英語と社会で高得点を取り苦手な数学や国語をカバーしよう考えた。だから本番の英語と社会の試験が始まる前、「9割取るんだ」と自分に言い聞かせた。しかし、それが逆に自分へのプレッシャーになっていた。得意な2つの教科で大失敗をしてしまったのだ。逆に数学や国語では「どんな点数でもいいや」という気持ちで臨んだ。すると自分の目標点に達することができた。また、国公立の2次試験でも「こんな大学受からなくてもどうでもいい」という気持ちで臨んだ。したがって、私はいつも緊張しすぎてしまう人に対しては、リラックスして「何とかなる」といった気持ちで本番の試験を受けることを勧める。

5つ目は感謝の気持ちを持つことだ。受験は一人ではできない。家族、先生、友達とたくさんの人の応援と支えがあった。だから苦しい受験期を乗り越えられた。その人たちにいい報告をしたいという気持ちがあれば頑張れる。

受験勉強を楽しみ、悔いのない受験を終えてほしい。
 

愛知県立大学 日本文化学部 国語国文学科 Yさん

  • 進学コース(名古屋市立吉根中学校出身)

私が伝えたいことを書きたいと思います。

1つ目は、計画を細かく立てすぎないということです。もちろん、受験は計画を立てて、順序通りに勉強していくものですが、必ずしも計画通りに事が進むとは限りません。例えば、月曜日に国語と数学を2時間ずつやって、火曜日は・・・・というように細かく勉強の計画を立てる人もいますが、私はやめた方がいいと思います。必ずと言っていいほどに計画倒れになります。計画倒れになると、焦りや不安をさらに助長させることにつながります。私はこの方法を実践して実際に計画倒れになり、早々にこの方法をやめました。ですから、細かすぎない、余裕のある計画を立てるようにした方がいいと思います。

2つ目は、適切な休養を取ることです。「1日に10時間は勉強しましょう」と言われると思います。しかし、できるに越したことはありませんが、疲れてしまいます。疲れた頭でダラダラと勉強を続けているよりは、休養を取った方が効率が上がると思います。勉強の合間の15分ほどの小さな休養も大切ですが、私は自宅学習をしない日を平日に作っていました。なぜ平日なのかというと、平日は学校で勉強をするからです。ですから、1日の勉強時間をゼロにすることなく、大きな休養を取ることができます。できるだけ勉強時間を確保することは大切ではありますが、適切な休養を取ることは同じくらい大切なことだと思っています。

3つ目は、定期テストを大切にするということです。まず、模試やセンター試験は学校で習ったことから出題されます。そしてその習ったことを習得できているかを確認するのが定期テストです。したがって、定期テストで点数を取ることができないと、模試やセンター試験で点数を取ることは難しくなります。特に、社会や理科のような暗記系の科目は、定期テストが模試やセンター試験に直結します。ですから、受験勉強だといって買ってきた問題集や参考書にやみくもに取り組むよりは、テスト勉強を優先させた方がいいと私は思います。

私が今書いたのは、勉強を進める上での1つのアイデアです。このアイデアを参考に自分に合った勉強方法を見つけてほしいと思います。そして勉強の成果は分かりにくいものですが、塵も積もれば山となるという言葉にもあるように、毎日続けていれば1年後には合格という大きな山を拝むことができるはずです。皆さんが第一志望の大学に合格することを願っています。
 

愛知教育大学 教育学部 初等教育教員養成課程 数学選修 Oさん

  • 進学コース(名古屋市立吉根中学校出身)

僕は選抜クラスで、3年生の10月まで少林寺拳法部として部活動に励んでいました。ですから、自分の合格体験記は、進学コースで部活動を頑張りながら受験する後輩に向けて書こうと思います。

各教科具体的な勉強法は“合格者の集い”で話しましたし、先生に聞くのが1番なので、ここでは自分が大切にしていたことと、ちょっとしたアドバイスを伝えます。僕が大切にしていたことは次の4点です。

1点目は、学校を利用することです。進学コースは他コースに比べ授業時数が少ないので、特に3年生のときは、すぐ復習して知識を定着させ、定期テストの機会をどれだけ理解しているかの確認の場として利用していました。また、先生という強い味方がいるので、どんどん質問して、迷惑かなと思うぐらい利用してください。たぶん先生方は喜びます(笑)。

2点目は、量をこなすことです。「質の高い勉強を…」という人もいますが、僕は、量をこなした者勝ちだと思います。参考までに自分は、学校で使う問題集を答えを覚えるぐらいまで解き、先生からもらった教材やセンターの過去問はすべて解ききりました。また、休日は16時間勉強しました。これだけの量をこなせば大きな自信になります。

3点目は、体調管理です。特に3年生にとって、授業に出ることができないことも、休日がつぶれることも大きな痛手となります。また睡眠も大切です。6時間以上寝ないと記憶が定着しないといわれているので、徹夜での勉強は絶対ダメです。

4点目は、周りの人との関係です。一緒に受験を頑張る仲間は本当に心の支えになります。また、敵もつくりましょう。負けたくない人、嫌いな人、何でもいいです。きれいごと抜きで、対抗心は大きなエネルギーを産みます。ちなみに私の敵は、特進・国際・啓明コースでした。赤本部屋に残って勉強していたのですが、周りは“赤いリボン・ネクタイ”ばかりで、「絶対に負けない」という気持ちで勉強していました。

アドバイスとしては、まず、朝は記憶力が高いので、朝型の生活を進めます。また、模試の結果を気にしすぎてはいけません。サボらず一生懸命勉強すれば、必ず一気に伸びるときが来ます。それまでは我慢です。

最後に、受験はとてつもなく苦しいです。でも、歯を食いしばって、気合いで乗り切るしかありません。部活動も勉強もすべてに全力を尽くす、進学コースらしい合格を勝ち取ってください。

 

 

「平成30年度 進路の手びき‐Ambitious‐」より

名古屋市立大学 医学部 医学科 Oさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

皆さんは今、自分の志望校に受かるために頑張っていることでしょう。そこで、私自身の受験で体験したことに基づく助言を書いていきたいと思います。

まず、大切なのは、自分の第一志望に受かるための勉強をすることです。当たり前ですよね。センター試験で何点取れればいい、二次試験で何割取れればいい、という事を徹底的に調べます。特に二次試験は大学によって大きく、出る分野、難易度が異なります。同時に、大学ごとに分野、形式が同じようなものになっています。だから、早めにちゃんと赤本を解いて、第一志望の合格ラインに達するのに自分に足りていない部分を補強する。それだけなのです。対策しまくっても、二次試験で出題されるある分野がどうしてもできなかったら、他の分野で補うことも考えましょう。とにかく合格最低点以上を取れば合格なんですから。

次に、特に理系科目において言えることですが、勉強の中で本質を掴むということを心がけてください。ある問題が解けたとしても、違う表現だったらわからなくなるとか、ちょっと応用されるだけでできなくなるとかそういう事が起こらないようにしましょう。そもそも応用問題というのは基礎の詰め合わせみたいなものです。その問題の本質を見抜けば、その後は解いていくごとにやるべき基礎レベルのことが見えてきます。だから、私はまず、チャート、重問を徹底的にやるのがオススメです。理科は特にそうですが、解答を読んだあと、少しでも疑問に思ったり、ピンとこなかったら納得のいくまで参考書を見まくってください。それから解答、参考書にすっごく目立つようにこの時はこう解く!と書いておきましょう。そこは苦手な範囲であることが多いのでまた調べる時にそのメモがすっっっっっごい役に立つはずです!自分自身の表現ですしね。

そして、高いレベルの大学、学部学科を目指す人でもセンター試験は蔑ろにしちゃダメですよ。そういう人は、できない教科があっちゃダメなんです。一問のミスでの命取りです。時間との勝負です。12月に入ったらひたすらタイマー片手に、センター満点目指して頑張るのみです!

長く書きましたが、私は、一番必要なのは自信を持つことだと思います。ネガティブだと落ちますよ!とにかく、私はいける!とポジティブに考えてください。受かる確率はグンと上がると信じてます。それではみなさん合格勝ち取ってくださいね!
 

名古屋大学 文学部 Kさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

<生活について>
基本23時00分まで、遅くても0時00分までには布団に入って寝る習慣をつけましょう(私は23時00分に寝ていました)。基本的な生活習慣を身につけなければ試験本番でも実力を100パーセント発揮することは不可能でしょう。また、無駄なことは極力省き、できた時間を勉強に費やしましょう。基本受験はやった量だけ有利に進めることができます。

<勉強について>
勉強の基本サイクルは「覚える→問題を解く→解説を見る→覚える」の繰り返しです。これについて解説していきます。(理系科目はこれで通用するかわかりません)

覚える…英単語、社会科、古文・漢文、理科基礎では特にこれが必要となってきます。基本的なことが身についてなければ問題を解くことができません。問題を解く前に基本は覚えなさい。覚えるコツは音読を何度も繰り返す、紙が真っ黒になるまで単語を書き尽くすなどいろいろあります。覚えるのがいやという人は受験を諦めましょう。解説を見た後は不足していた知識を覚えていってください。

問題を解く…前述のように受験はやった量がものをいいます。特に英語長文、センター英語・国語は受験本番までに可能な限り解いておきましょう、これらは経験量で点数を上げることができます。やった量を忘れるぐらいやればそのときには十分受験で成功するだけの力はついているでしょう(サイクル通りやれば)。

解説を見る…問題を解いてもこれをやらなければ意味はありません。解説には問題を解くために必要であった知識や技能が入っています。ここから不足知識を補填していきましょう。特に全統模試の解説はよくまとめられているので模試の後しっかり見直ししておきましょう。

また、国立二次の対策は自分の目指す大学過去問に加えて、上、下、同じレベルの大学の過去問を解くことを薦めます(特に世界史・日本史を受験科目に含む場合は)、似たような問題が出ることもあります。

<最後に>
しっかりとした生活・勉強をして実力がついていれば受験もスムーズに乗り切ることができるでしょう。

しかし、本番では必ず解きにくいまたは解けない問題が出てきます。それが記述型の問題の場合は何か書きましょう。ただ社会科の問題で出てくる穴埋めのような問題がわからない場合は知識不足です。このときに深く考えすぎると自身の不安をあおり実力が発揮できなくなるので諦めましょう。これも大事です。マーク型の場合は運に任せましょう(特にセンター英語の文法・熟語の問題は100パーセントカバーすることは不可能に近いので、運要素も絡んでくる)。

とにかく、模試でどんな結果が出てもそれらはただの通過点に過ぎないのですから結果を反省したらすぐに次の勉強を始めましょう。結果に一喜一憂している暇はありません。皆さんが第一志望校に合格することを願っています。
 

名古屋大学 文学部 Oさん

  • 特進コース(名古屋市立志段味中学校出身)

私が、名古屋大学を志望校として意識するようになったのは高校2年の秋でした。それまでは愛知県立大学を目標にしていましたが、秋学習合宿で先生方に上を目指したほうが伸びると言われて、“そういうものかな…”と思いながら模試の志望校欄に名古屋大学と書くようになりました。でも心の中では“自分なんかが名大に受かるわけがない、センター試験で名古屋大学のボーダーを超えるのも大変だし、2次試験の難しい問題は解くのは不可能”と思っていました。

そんな自信のない私でしたが、受験に対して手を抜くのは嫌で努力は人一倍続けました。受験が近づき、センター試験が終わったとき、自己採点の結果は名古屋大学文学部のボーダーを超えていました。名古屋大学を受ける覚悟が決まったのは、その後の三者懇談です。今振り返ると、もう少し早く明確に目標を定めていれば心に余裕を持てたのにと思います。

受験勉強をするなかで志望校に合格するために一番大切だと思ったことを話します。まずは謙虚にコツコツ勉強すること、次にテスト前にちゃんと勉強すること、最後に予習が必要な授業は事前に予習をしておくことです。どれも当たり前のことばかりだけど、まじめに3年間積み重ねればきっと力になるはずです。

私は昔から飛び抜けて勉強ができたわけではないし、特別勉強が好きということもありませんでした。でも、目標に向かって地道に努力すれば、私みたいな普通の人間でもその目標を叶えることができます。受験は努力した分だけ結果になって返ってくる誰にでも平等なものだと思います。後輩の皆さん、受験勉強は苦しいものだと思いますが、志望校に合格できるように頑張ってください。
 

京都府立大学 文学部 日本・中国文学科 Kさん

  • 特進コース(春日井市立松原中学校出身)

「自分はもっと早く準備している」と思う人がいるかもしれませんが、ともかく私は2年生の春休みから受験勉強を始めました。今まで学校の課題以外のことにあまり手を付けてこなかったので、何をしていいのかよく分かりませんでした。そこで、1学期は基礎をもう一度固めようと決めました。例えば、古典では文法事項を見直したり、単語の復習を行ったりしました。そして自分の中ではかなり良かったと思うことですが、志望校をある程度絞っておいたのが、夏休みから何を勉強すべきかについて決めやすくしてくれたと思います。

一方で、後悔していることもあります。それは苦手科目を克服しきれなかったことです。私の場合、そのおかげで大学の選択肢がずいぶんと狭くなってしまいました。どれか一つの教科の手を抜いてしまうと、他の教科までおざなりにしてしまうことに繋がりかねません。自分の力で頑張ることは勿論ですが、周りの友達や担当の先生に聞いてみるのも良いと思います。

他にこれからの受験生がすると良いだろうことを書いておきます。一つ目に、もう完了している人には関係ないことですが、勉強が捗る環境を整えておいて欲しいと思います。3年生の模試では、浪人生も入ってきますし、何より他の高校生がどんどん成績を上げてきます。それに負けないためにも、一層努力するための環境づくりが重要になります。二つ目に、既に書いたことと重なるかもしれませんが、志望校の情報もしっかりと頭に入れておくことが大事です。勉強の指針をもつことはモチベーションの維持に繋がります。そして三つ目は健康、体調に気を遣うことです。病欠などで生じた遅れを取り戻すのは非常に大変です。勉強は毎日続けることが大事ですから。

私がこれまで書いてきたことは当たり前のことばかりかもしれません。しかし、この当たり前のことがかなり大切だと、受験を終えた今しみじみ思います。どうか皆さんの受験が実りあるものであることを願っています。
 

同志社大学 グローバル地域文化学部 グローバル地域文化学科 アジア・太平洋コース Fさん

  • 国際コース(瀬戸市立南山中学校出身)

私の第一志望は東京外国語大学だった。だが、第二志望の同志社大学に進学した。そう、第一志望には届かなかったからだ。これから書く私の体験は成功例ではないかもしれないが、何か参考になれば嬉しい。
中学の頃から勉強は苦手ではなかった。入学してすぐのテストでは上位の方にいた。良いスタートを切れたし、負けず嫌いな性格であるため、抜かれたくない、その気持ちが原動力になり、1年生の時から勉強を頑張ることができた。授業内に覚えられることは覚え、日々の小テストに真剣に取り組み、予習・復習を丁寧に行い、課題は満足するまで自力でやった。小さなことを毎日コツコツ積み重ね、受験に向かうための基盤を作った。

2年生になってからは生活リズムを変えた。夜10時に寝て、朝4時に起きるというように朝型の生活にしていった。本格的に模試も受け始め、少しずつ勉強時間を増やし、今までの勉強スタイルを見直した。苦手な理系科目は特に授業があったその日にすぐに復習をし、定期テストを利用して着実に解法や公式を定着させていった。長期休みは模試を復習し基礎からもう一度やり直した。
3年生では更に勉強時間を増やし、入試問題や模試に何度もあたって抜けているところを認識し、添削等で補っていった。得点や判定も上がったり下がったりでなかなか安定しなかった。何度も自分を見つめ直し、担任の先生にも何度も相談して少しでも効率の良い勉強法を模索した。

すぐに本番はやってきた。センターでの点数は悪くはなかったが、わずかに目標の点には足りなかった。志望校は変えずに済んだものの、志望学科は諦めて少し低い学科に下げざるをえなかった。今思えばそこで心が折れてしまったように思う。学科を変えた今、本気で立ち向かえるだろうか?そんな不安に悩まされた。かろうじて第二志望には合格したが、第一志望は不合格に終わってしまった。私に足りなかったものは意志の強さかもしれない。努力そのものが足りなかったのかもしれない。しかし後悔は一切していない。やれることはやったから。3年間頑張ってきたから。思うような結果ではなかったが、全てが終わった後そう思えただけで私の受験は成功だった。
受験は長く苦しいものだ。周りの誘惑に流されずにどれだけやれるか。目を背けずに弱い、できない自分と向き合えるか。いかに試行錯誤を重ねて自分なりの勉強スタイルを確立していくか。自分との闘いは一番苦しいが重要なことでもある。良くも悪くも結果を動かせるのは自分自身しかいないのだから。終わってから後悔しないように、結果に納得できるように、受験生の皆さんには頑張ってもらいたいと思う。

 

南山大学 外国語学部 フランス語学科 Kさん

  • 国際コース(名古屋市立志段味中学校出身)

私なりの合格体験記をここに書きたいと思います。正直なことを言うと、私は第一志望校には合格できませんでした。しかし自分が受験に向けてやってきたことに対して多少の後悔はあるにしろ、私は胸を張って頑張りぬいたと思えるので私の体験記が参考になれば幸いです。

私はまずは苦手科目を潰すことが大切だと思います。誰にでも苦手科目はあると思います。私の場合それは古文と英語でした。高3で私はやっとその2科目を集中的に対策し始めました。古文は自分が分かりやすいと思う先生に添削を頼み、毎日一題ずつ確実に基礎を固め夏休みまでにはある程度読めるようになりました。一題解いたら分からない単語や重要単語、文法などをまとめ、普段の授業中もまとめたノートを広げ何度も見直していました。一日一題が日課になる頃には古文が好きになっていて読むのが面白かったです。英語は本文中に出てきた既知の単語の意味を書き込みながら解いていました。そうすることで、この単語知っている、と自信にもつながりました。また教科の先生の言うことは素直に受け入れた方がいいと思います。後にためになることばかりでした。

もう一つ大切なことは勉強する環境だと思います。私の場合、二年生の冬から赤本部屋で勉強するようにしていました。三年生になると業後はほとんど毎日七時まで赤本部屋で居残りをしていました。一人で赤本部屋に向かうのが嫌で友達と一緒に帰りたい、と思う時がたくさんあったけれど、楽な方に流されないようそのたびに一生懸命勉強している他コースの人の姿から刺激を受け自分も頑張ろうと奮い立たせていました。一人で勉強するのもいいけれど他の人から学べることもあるし、なによりも分からないところをすぐにその場で先生に質問しに行ける、という点で私は赤本部屋で居残りをしてよかったと思っています。

受験はとにかく大変です。イライラすることも増えるし口を開くと疲れた、しんどい、しか出なくなるほど押しつぶされそうにもなりました。けれども長い人生のうちのほんの数年です。今までもそしてこれからもこれほどまでに勉強漬けになるときはないと思います。だからこそ受験までの少しの間本気でやってみてもいいのではないでしょうか。
 

名桜大学 人間健康学部看護学科 Aさん

  • 進学コース(小牧市立味岡中学校出身)

自分が伝えたいことは大きく分けて4つあります。

まず1つ目は、最後まであきらめずに粘ることです。自分は英語が苦手でした。センター試験前におこなった模試でも悲惨な点数でした。しかし、学校でもらったターゲットや即ゼミを最後の最後まで勉強したり、模試や過去問を解いたり解説を読んで理解するようにしました。そうしたら、センター試験本番では点数を伸ばすことができたので最後まであきらめないことが大切だと思いました。これは、勉強だけではなく部活などの他のことにも言えることなので大切にしてほしいです。

2つ目は、生活リズムを整えることです。朝の食事を抜く人がいたりしますが、しっかりと食事をとることで脳が活性化して集中力や記憶力が高まるのでしっかりと摂ってください。また、睡眠をとることも大事です。受験が近づくと睡眠時間の大半を費やしてでも勉強しようとする人もいると思います。しかし、人は睡眠しているときに情報を整理して定着させます。そのため、睡眠を削ってでも勉強するのもいいですが定着させるための睡眠時間はしっかりと確保するのがいいです。

3つ目は、分からないことはすぐに調べるのではなく1~2分程度でもいいので考えてみることです。そこで本当にわからなかったら人にきくなり、調べてください。考える時間がもったいないと思うかもしれませんが、自分がわからなかったということを記憶しやすくなるので、再びミスをしたときであってもすぐに記憶から呼び出せ理解する時間を短縮できるからです。そうすることで、他に自分が勉強したいことの時間を取りやすくなるので勉強効率を上げることができます。

最後に、先生たちに休日は10時間は勉強するよう言われると思います。「そんなにしなくてもいいのでは」と思う人もいると思います。しかし、受験生の一年はあっという間に過ぎてしまいます。そのため、受験勉強の時間が足りないように最後になって感じてしまいます。だから、受験生になる皆さんに苦労をしてほしくないので、受験の年には遊ぶ時間があるならできる限りの時間を勉強に向けてほしいです。
そして皆さんが、第一志望の大学に合格することを祈っています。
 

鳥取大学 工学部 社会システム土木系学科 Hさん

  • 進学コース(名古屋市立冨士中学校出身)

私が行ってきた受験勉強について書いてみます。受験勉強の土台として大切なことは、日々の授業とその内容の復習をして、理解を深めることです。また、学校から出された課題を優先して行い、補習や学習合宿にも出ることです。

3年生の夏休み頃から、私は受験校を意識して勉強し始めました。それぞれの教科の弱点を模試などで見つけ、広い範囲で勉強しました。

まず、数学や理科などの理系教科で一番大切なことは、白紙のまま考えるより、いろいろと試行錯誤してみることです。数学の問題は迷路みたいなものなので、動き回らなければ何も始まりません。その後、解答と照合して“その発想は無かったな…”と思うことで理解が深まるのです。できなかった問題は繰り返すことで理解できるようになります。また、公式は覚えるだけでなく、その公式が成り立つ過程を理解する必要もあります。

英語や国語などの文系科目は苦手意識がありました。単語や文法などを覚えるのは大切ですが、やはり文章などをたくさん読んで力をつけていくことに大きな効果があると思います。スポーツと同じように、実践ほど自分を強くするものはありません。

勉強を進めていくと、暗記が必ず必要になります。私は紙に何度も書いて覚えました。また関係づけて覚えるのも効果的だと思います。スランプになってしまうことも何度かありました。例えば、センタープレの模試で思いのほか悪い結果になってしまったことです。スランプを乗り越えるためには。模試などの結果に一喜一憂せず、それをバネにして頑張っていくことが大切です。

受験生になれば、たくさん勉強時間が必要であると言われますが、その質や効率なども考える必要があります。また、勉強時間を確保するために、『すきま時間』などをどんどん活用していくのも良いと思います。

先輩がおっしゃっていましたが、人は目標に近づくにつれ、怠けてしまう場合があります。そんな時は、行きたい大学より少し上のランクの学校を目指し勉強していくことも目標に近づくための一つの方法です。

私は、終盤に過去問題などを解いたりして、仕上げをしました。時間配分などを考えて、戦略を立て、入試本番に備えました。

当たり前のことをつらつらと書いてきましたが、以上私が皆さんに伝えたかったことです。これからも辛いことや大変なことがあるとは思いますが、私でもできたのだから皆さんなら大丈夫、見事志望大学に進学することを祈願しています。

 

 

「平成29年度 進路の手びき‐Ambitious‐」より

京都大学 工学部 電気電子工学科 Kさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

今これを読んでいる君は、進路の手引きを割と隅々まで読む真面目な生徒だと思います。そんな君たちは恐らくネットで「受験勉強 方法」とかそんなことを検索したことがあるでしょう。「反復」、「朝型」、「十分な睡眠」、「授業を大切に」などなどがでてき、「わかってるわ!」と思ったことでしょう。そこで僕はちょっとめずらしい助言を送りたいと思います。

 其の一 反復はやめろ
これは「勉強をやめろ」という意味ではありません。そんなことを書いたら僕が先生に怒られます。これは「どんなことも一発で習得しろ」という意味です。同じことを何回も何回も馬鹿みたいに繰り返して、これほど非効率的なことはない。一回で習得しましょう。但し、習得できていなければ反復する必要がありますよ。また、欠点として、この方法を実践すると、圧倒的に演習量が足りなくなります。ゆえにミスりやすくなります。気を付けましょう。

 其の二 東大の問題を解け
「はぁ?」って感じですよね。「解けるわけがねぇ」と。そうです。なので、これはあくまで全分野が十分習得できていたら、の話です。かの東京大学の問題はオーソドックス、それでいて難解。素晴らしい。じっくり解いてください。決して解答は見ずに。総合力、応用力が必ずや身に着くでしょう。そして他の問題が簡単に見えてき、一問も落とせないという気持ちになります。しかし、注意すべきことは、他の問題が簡単に見えることで、その問題をなめてしまうことです。油断大敵です。注意しましょう。

 其の三 目標大学の2ランク上を目指せ
夏休みの宿題が計画通りに終わりますか?大抵の人は八割まで上手くいきますが、残り二割が終わらない。それと同じです。目標大学にある程度近づくと、人は油断します。そして結局目標大学の1ランク下で終わります。なので、1もしくは2ランクほど上を目指せば今の志望校に行くことができるでしょう。センター後、今の志望校で納得できるかは別ですが。目安としては、旧帝大や東工大、一橋を目指す人は東大、名工を目指す人は名大、だと思います。

其の一と其の二は学年の上位5%~10%向けです。そして、これらはあくまで僕が行った勉強法であり、自分に合うかどうかは人それぞれです。自分に合った勉強法を実践してください。最後になりましたが、皆さんが第一志望に合格できることを願っています。
 

岐阜大学 医学部 医学科 Mさん

  • 啓明コース(中部大学春日丘中学校出身)

皆さん充実した学校生活を送っていますか。ここでは自分が実践したことやアドバイスを伝えたいと思います。

 ◇勉強方法について◇
理系の皆さんなら高1の段階から高1の間に英語を完璧にしておきなさいと言われているはずです。しっかりと英語を勉強したでしょうか。私は高1のときに英語の基本的文法は完璧と言えるほど勉強したので、高2,3の時は授業の予習と復習ですみました。英語は点数にあまり変動がないので、高3で他の教科で悪い点数をとって落ち込んだ時も英語で救われたりもします。電車やバスで通学している人はその時間を有意義に使えているでしょうか。この時間はとても重要です。友達とおしゃべりするのもいいですが、テスト期間は暗記中心の教科(英語や社会)を勉強した方がいいと思います。そうすれば英語のテスト勉強は家でする必要がないぐらいになり、家では理系科目がしっかりできます。高3になると自分の学力が心配になりますね。そういう時は一年前ぐらいに解いて難しかったな、と思った問題をもう一度解き直すといいです。解いてみると、こんな簡単な問題を当時は難しいと思っていたんだ、一年でこれだけ成長したんだ、と思うことが出来ます。目の前に表示される数字(偏差値など)は下がっていても確実に学力はついているので、自分を信じて頑張ってください。

私もそうでしたが、理系科目が苦手な人は多いと思います。苦手だとやる気が起きないので受験をゲームだと考えていました。問題を解くこと=経験値アップ、受験=ラスボスを倒すこと、と捉えるといかに受験勉強が大事かが分かります。また、高3になって授業で演習問題ばかり解いていると必ずきれいな問題というか、なるほど、と思えるような良問に出会えます。このような問題をまとめておいて時間があるときに何回も繰り返し解くと、かなり力がつくのでぜひやってみてください。

 ◇生活面において◇
春日丘という狭い枠組みの中だけで生活していませんか。受験は全国の人たちとの競争です。中学受験の時に知りあった友達や小学校のときの友達に勝てる自信はありますか。物事を春日丘単位で見るのはやめて、見えない相手を想像しましょう。

メリハリをつけて生活できているでしょうか。受験勉強をしなければならない高3でもずっと勉強し続けるなんて無理なので、自分をいかにコントロールできるかどうかが大切になってきます。お昼ごはんの間に友達と楽しく話すとか、家で音楽を聴くとかして上手にリフレッシュしながら勉強できる習慣を高1、2のうちに身に着けておくといいです。とにかく遊んで勉強してください。
 
みなさんが希望の進路に進めることを願ってます。
 

名古屋大学 法学部 法律・政治学科 Tさん

  • 特進コース(小牧市立桃陵中学校出身)

私が受験体制に入ったのは、3年生になってからです。しかし、それまでは学校の宿題ぐらいしかやっておらず、塾にも行かず、受験勉強らしきものは全くしていなかったため、自宅で勉強しようとしてもすぐに集中が切れてしまい、結局やらないということが初めは多かったです。なので、「このままではヤバイ」と思い始め、19時まで学校に残ったり、図書館に行ったり、スマホを封印したり、とあらゆる手段を使い、自分を勉強させる状況に追い込み、結果、夏までには勉強習慣が確立しました。

そして迎えた夏休み。大半の受験生はこの時期に苦手克服や基礎固めなど、テーマをもって勉強に取り組むはずですが、私の場合、受験を甘く見ていたため、気を抜いてしまい本気で勉強をしませんでした。その結果、夏休み明けの模試の判定は悲惨なものとなり、志望校の見直しを検討することになってしまいました。受験期終盤から今になっても、もっと夏休みを有効活用できていればなぁと後悔の念が残っているので、夏休みは重要な時期であることは間違いないです。

模試の判定が出てからは地獄の始まりでした。周囲が成績を伸ばし続けている中、私は夏休みのツケがまわってきており、成績が上がらず、二次試験形式の問題もできず、と苦しみました。そして、センター試験の点はとれたものの、自分的には、名大受験は賭けだなと思っていました。

ここまでで何が言いたいかと言うと、受験対策は早いうちにした方が良いということです。勉強習慣づくりも勉強開始も、もっと早期にやっていればもう少し楽に受験を終えることができたのでは、別の大学も考えられたのではと思い、後悔しています。さらに言うと、受験は自分に勝った者が合格する仕組みになっていると思います。誘惑に負けない強い精神力を持つことも大事だと思います。

私の体験はあまり参考にならないかもしれませんが、何かお役に立てれば幸いです。受験を無事乗り切ることができるよう、応援しています。頑張ってください!
 

愛知県立大学 看護学部 看護学科 Tさん

  • 特進コース(春日井市立西部中学校出身)

ここでは、私がやっていて良かったと思うこと、後悔していることを書きます。皆さんの参考になれば幸いです。

私は家だとなかなか勉強が捗らなかったので、強制的に勉強しなくてはならない環境に身を置くようにしていました。平日は毎日7時まで居残り、休みの日は学校開放にできるだけ行きました。学校だと携帯やゲームなどの誘惑もないので、集中して勉強することができます。学校が完全に休みの日は、図書館で勉強していました。家でもしっかりやるのが一番ですが、どうしてもうまくいかない人はお勧めです。

それと、一日も休まなかったのも大きかったと思います。勉強以前に、体調が万全でないと話になりません。授業を休んでしまうとそれだけ遅れてしまうので、あとで追いつくのも大変です。私の友達で、テスト前に徹夜して勉強し、結果体調を崩してしまうという子がいました。直前の付け焼刃は定期テストでは使えても、受験にはなんの役にも立ちません。当たり前のことではありますが、毎日出席できるように体調管理にも気を配ってください。

私が一番後悔しているのは、勉強をやりきれなかったことです。私は嫌いな教科を後回しにしてしまう傾向がありました。後でやろう、といって結局ギリギリになってしまい、やるべきこと全部に手が回せなくなっていました。あの時もっとこうすれば良かった、と思ったときにはもう遅いです。皆さんには同じ思いをしてほしくありません。勉強は早め早めに取り組んでください。

また、私は要領が悪く、一つの教科を勉強していたらそれだけになっていました。時間が空くと感覚を忘れてしまうので、出来ていたこともまた分からなくなってしまいます。いっぺんに沢山やれとは言いませんが、毎日少しずつ、どの教科も手を付けるようにしてください。特に英語は、一日一題は読むようにしましょう。簡単な長文でもいいので、毎日読むと目が英語に慣れてきます。センターではスピードがとても重要です。なにを読めばいいか分からなくなったら、先生に相談してください。

最後に、先生の言うことはしっかり聞いてください。あらゆる生徒をみてきた先生方は、どんな時になにをすべきか、よく分かっています。思春期ですし、反抗したくなるときもあるかもしれませんが、従って損はありませんよ。皆さんの受験が納得いくものになりますように。応援しています。
 

東京外国語大学 言語文化学部 インドネシア語専攻 Oさん

  • 国際コース(名古屋市立若水中学校出身)

私が志望校を決めたのは、二年生の春の志望校調査の時だった。
当時あまり大学について知らなかった私は、記憶にあった外国語系の大学を羅列していただけだった。
その中の一つが、今回進学先となった東京外国語大学だった。しかし、当時の私にはこの大学に行くんだという確固たる意思というものはあまりなく、日本を代表する外国語大学だからというぼんやりとしたものしかなかった。

それが変わったのが、担任の先生との二者面談だった。
私は、東京外国語大学に関しては、頑張れよくらいの軽い話で終わるだろうと思っていたのだが、その予想とは大きく外れていた。
先生は、もし本当に東京外国語大学目指す気があるのなら、俺が必ず合格させてやると言ってくださった。

それから私は、東京外国語大学に向けて本気で勉強を始めた。
二年生の夏休みは、毎日学校の自習室を使い、八時間根を詰めて勉強をした。多くの学生が長期休暇は何もせずに課題だけこなして終わらせる事が多いと思うが、受験を控える学生にとってこれは時間の無駄でしかなく、長期休暇こそがテストもなく授業もなく、自分の足りない所、強化したい所を見つけて埋める良い期間であり、長期休暇の過ごし方によって入試の結果が決まると言っても過言ではないと思う。

多くの受験生が苦手科目を一つは持っていると思う。私の場合、それは数学だった。私は一年生は定期テストでも落第ギリギリの点数を取るくらいの数学アンチで、これは中学生の時からずっと続いていた。当時の私は公式さえ覚えておらず、初歩的な問題さえ解けないような有様であった。なので、私はまず公式を網羅する所から始めた。すると、今まで解けなかった問題がスラスラと解けるようになった。このことは私のやる気にもつながった。そこで、私はもう一ステップ上がり、『アベレージ』という数学問題集を何度も解き問題を解く能力を養う作業を本番直前まで行った。苦手科目について言えることは、必ずしも難しい問題を解けるようになることが入試での成功に繋がるわけではないということ。解けない問題に対しては、教科書などを活用し基礎的な事項を復習し、一つレベルが下の問題をまず解けるかどうか確認、その後もう一度その解けなかった問題に挑戦するといい。

次に、本番についてだが一つ確実に言えることがある。それは緊張してはいけないということだ。緊張すると人間はもともと持っている力を発揮できなくなるものである。だから、入試を受ける時私は、本気で問題に向き合いつつも心の中では自分に「こんな大学受からなくてもいい」と言い聞かせ続けた。そうする事で、無駄な緊張感を感じる事なく自分の実力をすべて問題にぶつける事ができその結果、合格した。

これから受験勉強をしていく間に辛い事は多い。ただ、大学受験は多くの人が一生に一度しか経験しないものである。しかし、この結果によって後の人生が大きく左右されてしまうというのが怖い所である。私が受験生の時、多くの人から言われたことは「今年一年苦しむか、今後一生苦しむか」である。今後一生苦しまない為にも受験生の皆さんには今年一年苦しんで貰いたいと思う。
 

東京外国語大学 国際社会学部 東アジア専攻 Fさん

  • 国際コース(春日井市立高蔵寺中学校出身)

受験は決して簡単なものではない。何があっても諦めず、多くの困難に耐えなければいけない。第一志望の大学に合格するために必要なものは学力だけではない。今回は、私が学力をあげるために行ったことと、私が考える、合格のために大切なことについて書く。

まず私は、受験を意識し始めた2年の春以降、勉強に対して真剣に向き合った。放課後は毎日19時まで居残り、休日の学校開放にも毎週参加して学習時間を増やしていった。3年になってからは朝7時に登校し、自学の時間を確保した。

そして、勉強方法も変えた。何かを覚えるときは書いたり読んだりしながら覚える、習ったことを人に説明して理解を深める、積極的に先生に質問する、といったことを実践し、勉強の質も高めていった。

学習において重要なことは、先手を打つことである。受験のために多くの知識を身につけなければならず、暗記には時間がかかる。私は英単語や英文法、古文単語をおろそかにしていたために夏の模試で痛い目をみた。覚えたつもりだと自分で思っていても、短期記憶は抜け落ちやすい。一度覚えた知識の確認を怠らないことが知識の定着につながる。

次に、学習面以外で合格のために実践すべきことを4つ書く。

1つ目は体調管理をしっかりすることだ。どんなに学力を高めても授業中や試験中に寝てしまったり具合が悪くなってしまっては意味がない。睡眠時間を確保し、毎朝同じ時間に起き、きちんと食事を取り、生活リズムを整えることが大切だ。

2つ目は絶対に合格してやるという気持ちを持ち続けることだ。成績が伸びずに落ち込んだり勉強が嫌になることもあるかもしれないが、誰にも負けないという強い気持ちが結果に繋がるのだと思う。

3つ目は感謝の心を持つことだ。受験は1人ではできない。担任や教科担当の先生方や親など多くの人の支えがあってこそである。応援し、支えてくれる人たちへの感謝の気持ちを持つことができれば、勉強へのモチベーションも上がり、前向きに取り組むこともできる。

4つ目は自分を信じることだ。自分を過小評価してしまっては、入試で本来の実力を発揮できない。今までやって来たことを信じ 、「大丈夫だ」と自分を落ち着かせることができれば、自分が持っている実力を存分に発揮できる。

大学合格に必勝法はない。受験後に後悔が残らないように必死に努力を積み重ねることができれば、必ず結果はついてくるだろう。
 

神戸大学 理学部 数学科 Hさん

  • 進学コース(春日井市立高蔵寺中学校出身)

僕の受験勉強について書きたいと思います。まず、受験勉強で何が大切なのかについてですが、結論を先に言うと「毎日の授業」です。意外に思う人もいるかもしれませんが「授業を真面目に聞く」ことは最も重要な受験勉強なのです。

受験生になると、「休日は10時間勉強しろ」と言われます。多いなーと思うかもしれませんが、実際にやってみると10時間では足りないことに気が付くと思います。そのため、勉強効率が非常に重要になります。それゆえに、「毎日の授業」が重要なのです。授業中に内容を理解すれば復習がより効率的にでき、勉強効率が良くなります。また、授業を真面目に聞いていれば、塾などに行く必要もなくなります。そもそも「塾に行かなければならない」ということは、「授業を理解していない」ことに他ならないからです。

次に、各教科の勉強法についてです。まずは英語についてです。僕は中学から英語が本当に苦手で、長文が全く読めないという状態でしたが、単語を覚えると一気に模試の点数が伸びました。毎日コツコツと『ターゲット』をやることが苦手克服の第一歩です。1度に100単語を1単位に一気にやると効率的に覚えられます。

次は、数学と理科についてです。僕は『チャート』と『重要問題集』をとにかく解きました。ここで大事なのが「公式・解法暗記をしない」ことです。定期テストならこれでも解けますが、入試問題では通用しません。公式の導き方を理解することは入試問題を解くうえで必要不可欠です。すべての問題についてなぜこの答えになるのかを人に説明できるようになるまで何度も解きます。二次対策では『赤本』で同じことをします。

以上が僕の受験勉強についてです。少しでも参考にしていただけたらと思います。最後になりましたが皆さんも合格を目指して頑張ってください。

応援しています。
 

愛知県立大学 外国語学部 中国学科 Nさん

  • 進学コース(春日井市立岩成台中学校出身)

受験勉強をしていく上で最も大切なことは何だと思いますか。それは、素直さです。具体的には、先生が学力を伸ばすために必要だとすることに従って勉強し行動していくということです。それに従って僕が実践してきたことで特に必要だと感じたことを少し紹介します。

まずは、文理問わず一番重要な英語を伸ばすことです。しっかり時間をかけた学習をして、毎日欠かさず学習しなければ点数は伸びません。僕は、3年生の5月まで部活をしていて正直あまり文法や単語を覚えていなくて、5月の時点で英語のマークの点数は2桁でした。ですが、英語の先生が常に口にしていた単語と文法を覚えれば長文を読めるようになり、点数は取れるようになるという言葉、指導を信じてやりました。具体的には、『ターゲット』と『即戦ゼミ』をとことんやりました。他にも、模試や演習問題をしっかり見直しして、そこででてきた単語などを自分で単語帳を作り、覚えました。その結果、センター試験本番ではかなりの高得点をとれました。

次に、モチベーションを保つということです。そのために、自分がこの大学に行きたい、あるいは自分が行きたい方向性をしっかり定めておくことが必要です。そうすれば自分の中に軸ができて、勉強に対しての意欲や意識がぶれずモチベーションを維持できると思います。

先程述べたように、僕は部活を引退するまで学力があまりなく、第一志望の大学はE判定でした。だから、僕は人より努力しました。授業の合間の放課も勉強したり、補習がないときは、平日6時間、休日13時間は最低やっていました。時間数だけ聞くとそんなにやるのかと思うかもしれませんが、これでも時間は足りません。自分に明確な目標があり、自分の学力の低さを自覚していればこれだけやるのは当然だと思います。その結果、最後の模試では第一志望の大学の判定はB判定まで上がりました。

最後に、これから受験をする皆様へ伝えたいことが2つあります。1つ目は、自分がやった分だけ自信になり、自分に甘くした分だけ不安になるということです。2つ目は、努力しているのは、自分だけでなく、親や先生達もだということを分かって、感謝の気持ちで勉強をしていくということです。本気で努力した人全員が素晴らしい結果が出ることを祈っています。