• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第48回卒業証書授与式が行われました

【2015年3月2日】

3月2日(月曜日)、第48回卒業証書授与式が厳かに執り行われ、第3学年452名はそれぞれの新しい進路に向かって春日丘高等学校を卒業しました。卒業生に向かって校長先生は式辞の中で次のように語りかけられました。

「君は見たでしょうか。あの青春の熱くまばゆい光を。君に聞こえたでしょうか。あの青春の孤独な影のうめきが。青春とは理想と現実、栄光と挫折、正義と不条理、愛と憎しみが光と影になって激しく交錯する日々であります。今、君たちは卒業式を迎え、あれほど仲の良かった友達や後輩と別れ、数えきれない思い出を胸に、今まさに春日丘を去る時が来たのです。明日からはもうここ春日丘に君たちの座るべき席はありません。卒業は新しい人生の旅立ちを意味しています」

続けて、困難な問題が山積している世界の中で、自然を搾取することなく持続可能な開発のための教育に取り組み、自分だけの内にこもることなく社会の在り方について考え、他者と向き合い、他者から頼りにされ、他者のために生きることこそ幸福への道であると認識し、その理想を具現化する「不言実行あてになる人間」となるべく卒業後も努力を続けてほしいと願われました。
***
今回から卒業証書授与はクラス担任が生徒氏名を一人ひとり読み上げるという形で行われました。また、在校生送辞と卒業生答辞も取り入れられ、厳粛な雰囲気の中にも、より生徒が主役であることの伝わる式典となりました。今年も例年同様に卒業生が退場するにあたってクラス担任から1本ずつ祝福の花束が配られました。

卒業生の皆様、春日丘を卒業したということに誇りを持ち、これからの人生においても健康に留意して、新しい場所で自分らしく活躍されることを心より祈念しております。苦しい時にはいつでも母校である春日丘に戻ってきてください。本日は本当にご卒業おめでとうございます。

保護者の皆様におかれましては、6年間あるいは3年間の長きにわたり、本校の教育活動にご理解とご協力をたまわりましたこと、厚く御礼申しあげます。あるいは至らなかった点も多々あるのではないかと深くお詫び申しあげますとともに、今後とも春日丘高等学校の卒業生・在校生に対し、温かいご支援をたまわりますようお願い申しあげます。

【総務部】