• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

1学期始業式が行われました

【2015年4月7日】

4月6日(月曜日)、平成27年度1学期始業式が行われました。始業式に先立ち、新しくお迎えした8名の先生方の着任式がありました。

始業式では「日本全国で高等学校5000余校あるうち、愛知県内では国公私立合わせて220余校あるうち、今年度本校は文部科学省よりSGH(スーパーグローバルハイスクール)の認定を受けた(愛知県内では5校)。開校50周年を迎えて記念すべきことであり、生徒の皆さんがいい学校だなと実感できるような学校づくりに励みたい」と校長先生が新年度を迎えて抱負を述べられました。続けて「そのためにも生徒の皆さんには、礼儀と規律を求めます。私学らしい品のある、落ち着いた、礼儀をわきまえた、人に敬意を払える、そんな生徒像を目指してください」と語りかけられました。

引き続き行われた対面式では、生徒会長湯川七海さんより「一生に一度の高校生活、お互い精一杯に頑張りましょう。何か困ったことがあればいつでも頼ってください」という歓迎の挨拶があり、524名の新入生代表として野々山ひな子さんは「先輩の築き上げてこられた伝統を受け継ぎ、一生懸命に頑張ります」と挨拶をしました。その後、生徒会より、この春の7つの部活動(ラグビー部、ハンドボール部、少林寺拳法部、ゴルフ部、吹奏楽部、なぎなた、野球部)の結果報告が行われました。

最後に、第2・3学年では身だしなみ検査が行われましたが、検査の前に、生徒指導部主任の先生から「交通ルールを守って登下校すること(安心安全な学校生活を送る)。公共交通機関の中でも思いやりをもって高校生としてマナーを守ること。礼儀正しく挨拶をし、言葉遣いにも十分気をつけること。上級生が見本となるように正しく制服を着ること」、以上の注意をいただきました。

全学年においてホームルーム終了の時間に合わせて、担任引率のもと新しい教室からの避難経路確認を実施しました。
【総務部】


校長式辞


着任式


歓迎の挨拶


入学の挨拶


対面式(右側が新入生)