• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

シンガポール研修旅行が行われました

【2015年10月26日】

10月13日(火曜日)から10月16日(金曜日)まで3泊4日の日程で、第2学年啓明コースは「シンガポール研修旅行」を実施しました。
本校の研修旅行は「持続可能な社会について考える」ESD学習(Education for Sustainable Development)の一環として実施しておりますが、事前学習では、日本とシンガポールの政策の差異を比較しながら、「少子高齢化社会に向けての国づくり」「経済的に発展する国づくり」「環境保護の国づくり」「他民族、異文化の枠を超えて共生できる国づくり」「他国と協調する国づくり」をテーマに、持続可能な社会の開発や発展について、グループワークや個人研究などを行ってきました。
1日目は、キャリア学習として現地で働く若い日本人ビジネスパーソンから「海外で働くこと」についてのレクチャーを受け、国際社会で活躍するために必要な心構えについて学びました。2日目は、チャイナタウン、リトルインディア、アラブストリートなどのエスニックエリアを、シンガポールの大学生ガイドと英語で交流しながら回り、多民族多宗教国家でありながら治安の良さを維持し、著しい経済発展を遂げているシンガポールという国について学びました。3日目は、ニューウォーター・ビジターセンターを訪れ、多額の投資をして水資源の完全自給を目指しているシンガポールの国情について学びました。また、セントーサ島とナイトサファリを訪れ、外国人を惹きつけてやまないシンガポールの魅力についても体感しました。
現在、事前学習と現地研修の結果をまとめた個人レポートの作成と、プレゼンテーション発表担当の4班がプレゼンテーション発表に向けての準備を進めています。10月31日(土曜日)に第2学年啓明コース内でプレゼンテーション発表を行い、最優秀班は11月9日(月曜日)に行われるESD学習会において全校生徒の前での発表を予定しています。

【第2学年啓明コース】