• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

フィリピンから留学生が来校されました

【2016年2月10日】

2月5日(金曜日)から7日(日曜日)までの期間、フィリピンからの留学生20名のホームステイを受け入れました。ホームステイを快く引き受けてくださった本校生徒のご家庭の皆様、誠にありがとうございました。おかげさまで留学生は楽しい時を過ごし、日本での思い出とともに無事に帰国することができました。深くお礼を申しあげます。

この期間中、5日(金曜日)と6日(土曜日)の二日間、フィリピンの留学生の皆さんが、本校の授業に参加しました。主に特進・啓明コースの「現代文」「数学」「生物」「外国語(英語)」「家庭」といった様々な授業に参加して、クラスの生徒たちと交流しながら楽しそうに学習を進めていました。特に土曜日の「総合的な学習の時間」では、本校生徒と留学生がお互いの国や文化についてパワーポイントを用いてプレゼンテーション発表を行い、異文化に対する知識・理解を深めることができました。留学生との交流やホームステイを通して、生徒の皆さんは、英語力向上や異文化理解、グローバルな視点の醸成など貴重な経験をすることができました。

【SGH推進部】

グリーティングセレモニー

「現代文」の授業

留学生の皆さんは、周りの生徒に日本語を教わりながら発表していました。

「数学」の授業

両国の生徒が数学の問題について説明し合いながら解いていました。

「生物」の授業

電子顕微鏡の映像をプロジェクターに映し、微細な生物を目で確認しながら学習しました。

「外国語(英語)」の授業

本校生徒は日頃から鍛えている英語力を発揮し、コミュニケーションを取りました。

「家庭」の授業

留学生の皆さんからフィリピンの食文化を紹介していただきました。

「昼食」と「清掃」の時間

食事をともにし、いっしょに清掃することを通して、お互いの友好の念を深めることができました。

プレゼンテーション発表

それぞれの国の食文化や教育政策、生活などについて、様々な視点からプレゼンテーション発表を行い、意見交換し、異文化理解を深めました。