• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

スタンフォード大学の先生が来校されました

【2016年11月28日】

本校のSGH(スーパーグローバルハイスクール)事業の一環として、生徒2名が米国の名門スタンフォード大学の「異文化理解教育遠隔授業プログラム(SPICE)」に選抜されて参加していますが、その縁もありSPICEのカリキュラム作成、及び指導者であるサブリナイシマツ先生にご来校いただき、1年生啓明コース96名、1年生国際コース47名、啓明コース中学3年生26名が英語の講義を受けました。

サブリナ先生は、日系4世として日本とアメリカの両方の文化観を持ち、佐賀県伊万里市、アリゾナ州、LA、サンフランシスコ、ハワイ、San Jose にて暮らした経験をもとに、「日本から見たアメリカ」、「アメリカから見た日本」というテーマで、生徒たちにわかりやすく楽しい講義をしてくださいました。参加した中学3年生も、講義の7割は理解できたと喜んでいました。また、現在SPICEのe-Japanプログラムに参加している2年啓明コースの若林昴樹君、劉羅賢さんの2人も、サブリナ先生と後輩たちの前で、e-Japanプログラムの印象を英語でスピーチし、サブリナ先生との交流を楽しみました。

【SGH開発推進部】