• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

インドネシア共和国 プナブールジャカルタ高校より15名が来校しました

【2017年7月12日】

7月5日(水曜日)から7月8日(金曜日)の3泊4日にわたり、インドネシア共和国のプナブールジャカルタ高校より先生1名、生徒14名が来校し、授業体験、文化交流、ホームステイを通じた日本とインドネシアの相互理解を深めました。プナブールジャカルタ高校は理数教育に力を入れているインドネシアを代表する私立高校であり、英語、数学、物理、化学、生物、音楽、書道、といった本校の授業を体験しました。また、文化交流の時間では両国の紹介として、民族衣装や着物の披露、ダンス、縁日でおなじみのゴム風船や折り紙、国家斉唱などを披露しました。
また、中部大学のキャンパスツアーも行い、天文台や応用生物学部の研究室を訪問しました。
最終日、春日丘を出発する際には、ホストファミリーとの涙の別れの光景も見られ、充実した4日間となったようです。


【SGH推進部】