• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

グローバル講演会が行われました

【2017年10月2日】

10月2日(月曜日)7限目、第2回グローバル講演会が行われました。今回は、ZIP-FMミュージックNAVIGATORの南城大輔さんをお招きし、「グローバル化する世界の中で若い君たちに期待すること」と題してお話しいただきました。途中でお楽しみ企画としてクイズを出してくださるなど、大変和やかな雰囲気に包まれた講演会となりました。

南城さんはシドニーの高校を卒業し、イギリス・フランス・スイスなどでの滞在経験に加え、モータースポーツ選手としての活動、そして現在ではDJの他にも経営コンサルタントもされている多彩な方です。最初にご自身の経験と現状を踏まえた自己紹介がありました。国内外の有名アーティストと交友関係があり、グローバルな世界に精通している方だということが伝わってきました。

世界の言語の種類がいくつあるのかという問いに始まり、その中で使用されている言語はどれか、また、「世界最強言語」と題し、たとえば国際社会において、経済、ネット、国際問題などの「話題」や「会話」の中で、どの言語がよく使われているかなどを、データを用いて紹介してくださいました。

そして、「世界で勝負することがグローバル化である」とおっしゃり、「日本人は英語を話せることがアドバンテージ(優位)であると思っているが、グローバル社会ではそれはアドバンテージでなく、必要最低限の能力にすぎない。日本人が日本人としてのアイデンティティを理解し、それを英語で表現していけること、海外で自分の得意分野で活躍していけることが大事」であるということを伝えてくれました。

【SGH推進部】