• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

ベトナム研修が行われました

【2019年4月4日】

3月24日(日曜日)から29日(金曜日)の日程で、第3回ベトナム研修が行われました。研修を希望する17名の生徒が選抜され、熱心に事前学習活動を行い出発まで準備しました。研修中にはハノイ国家大学外国語大学附属英才外国語高等学校で、ベトナムの高校生と授業に参加し、午後には文化交流会を行いました。また、国連の専門機関であるWHOやベトナム日本人材協力センター(VJCC)への訪問では、国際コースの2年生がSGH課題研究の成果をプレゼンテーション発表し、現地の方からご意見をいただくことができました。その他にもパナソニックリス-ピアへの訪問など、海外での日本企業の活躍や貢献について知る貴重な経験をすることができました。最終日にはハノイの旧市街にて班別フィールドワークが実施されました。生徒は、ベトナムの人々のエネルギーや国の発展を直に感じることができました。今回の研修旅行は一人の体調不良者も出ず、大変充実した研修となりました。

【SGH推進部】

 3月24日(日曜日) 1日目

中部国際空港出発

ハノイ民族学博物館

 3月25日(月曜日) 2日目

VJCC(ベトナム日本人人材協力センター)で発表

VJCCでの意見交換会

ハノイ貿易大学を訪問

ハノイ貿易大学学生のみなさんと

 3月26日(火曜日) 3日目

WHOでの発表

パナソニック・リス-ピア

WHO日本人職員の竹内さんと

現地での企業活動について学びました

 3月27日(水曜日) 4日目

ホーチミン廟にて

一緒に授業を受けました

教室での発表の様子

発表の様子

文化交流会

アオザイ←→浴衣

すばらしい学校訪問となりました

 3月28日(木曜日)29日(金曜日) 5日目・6日目

ハノイ旧市街でフィールドワーク

フィールドワークだけでなく、現地学生のみなさんと交流を深めることができました

文廟

体調不良者もなく全員無事に帰国しました

歴史博物館にて