• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

少林寺拳法部、ハンドボール部、全国選抜大会結果報告

【2019年4月5日】

 

少林寺拳法部、ハンドボール部、それぞれの全国大会の結果を報告します。

少林寺拳法部は3月23日(土曜日)から香川県で開催された「第22回全国高等学校少林寺拳法選抜大会」に12名の生徒が出場しました。そのうち大高稜央くん(2年)が男子単独演武の部で、大島正輝くん(2年)、加藤魁晟くん(2年)の2人が男子組演武の部で決勝進出を果たし、入賞は逃しましたが、全国から集まった優秀な拳士の中で、よく健闘しました。

ハンドボール部は3月24日(日曜日)から埼玉県で開催された「第42回全国高等学校ハンドボール選抜大会」において、1回戦は県立越谷南高校(埼玉県代表)と対戦し、23対18で勝利を収めました。2回戦で対戦した北陸高等学校(福井県代表)には19対26で敗れましたが、全国から集まった強豪校に対して善戦しました。

応援に駆けつけてくださった方々に深くお礼を申しあげますとともに、今後ともたくさんのご声援をよろしくお願いいたします。

 

【 特活部 】