• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

グローバルミーティングが行われました

【2019年12月17日】

12月12日(木曜日)~15日(日曜日)まで、「HARUHIGAOKA SDGs GLOBAL MEETING 2019」が行われました。インドネシア、タイ、ベトナム、韓国、カナダの5ヵ国6校から12名の生徒が訪れ、本校の生徒と交流しました。
 
12日(木曜日)は、海外生徒・教員とホストファミリーの生徒が「大須・名古屋城研修」に出かけ、昔ながらの日本文化が残る「大須地区」や「名古屋城の本丸御殿」を研修しました。

13日(金曜日)は、全コース1、2年生(約1,000人)が体育館に集い、「歓迎セレモニー」を行いました。吹奏楽部による演奏や各国の文化・学校紹介が行われました。校内キャンパスツアーをした後、国際コース2年生と「フェアトレード」や「持続可能なエネルギー」等をテーマにした協働学習を行い「アクションプラン」を作成しました。

14日(土曜日)は、中部大学不言実行館で開催された「SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業報告会」に参加し、本校の生徒代表3組と海外招待生徒7組の計10組が、それぞれのSDGsテーマに基づいて「課題研究」の成果をプレゼン形式で発表しました。先のG20で話題となった「プラスティックごみ」、「気象変動」、「教育の機会均等」といった発表、および質疑応答もすべて英語で行い、活発な意見交換ができました。さらに、国際コース2年生と海外招待生徒の混成チームにより前日に作成された「アクションプラン」の発表、1年生による課題研究のポスター発表も併せて行われました。

15日(日曜日)はそれぞれの生徒が帰国の途につきました。ホストファミリーとの別れを惜しみながら、「HARUHIGAOKA SDGs GLOBAL MEETING 2019」は盛会のうちに幕を閉じることができました。

関係者の皆様におかれましては、積極的ご参加、ご強力をいただき、心よりお礼申しあげます。
 

【SGH推進部】

【大須・名古屋研修】

【歓迎セレモニー 演奏と浴衣の舞】

【協働学習 アクションプラン作成】

   

  【各国の文化・学校紹介】

【学校紹介に英語で質問】

【海外の先生たちと情報交換】

【SDGs 研究発表】

【満席の会場】

【SDGs ポスターセッション】

【海外生徒と記念撮影】