• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

第19回 響演・音の宴を開催しました

【2022年12月24日】

12月23日(金曜日)、春日井市民会館において「中部大学春日丘中学校・高等学校 音楽祭 響演 第19回 音の宴」を行いました。
3年振りの一般公開ということで、生徒たちの意欲は高いものの、どれだけのお客様をお迎えできるか心配でしたが、いざ開場してみるとホールの座席が満席になるほどの盛況で、たいへんありがたく思いました。
第1部では、高等学校吹奏楽部と中学校吹奏楽部による合同演奏として「クラシック・メドレーBrass Rock」「We Wish You a Merry Christmas」の2曲を、高等学校吹奏楽部による単独演奏として「クリスマス・ポップス・ヒッツ」、「ジブリメドレー」、「バードランド」を演奏しました。
続く第2部は日本伝統文化ステージと銘打ち、高等学校書道部による書道パフォーマンス「突破」、中学校和太鼓部による「Departure ~出航~」「三宅」「秩父屋台囃子」の演奏に続いて、中部大学「日本伝統文化推進プロジェクト」との連携企画として高等学校吹奏楽部の演奏で吹奏楽部有志と大学生が日本舞踊を披露しました。
最後の第3部はパフォーマンスステージでした。まず、高等学校チアリーディング部が元気いっぱいの演技を見せてくれました。そして、高等学校吹奏楽部によるマーチング演奏を行いました。今年は「ノートルダムの鐘」を華麗な踊りと演奏によって表現し、鳴りやまない拍手の中、終演を迎えました。
年末も押し迫るお忙しい中、この日のために練習を重ねてきた成果をご鑑賞いただきました多数の皆様に厚くお礼を申しあげます。ありがとうございました。