• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

学習・セレクトタイム

独自の教育システム『KeiMake Plus+』

 これからの時代は平均的な能力より、1つの特化した能力を持った人間が必要とされます。そのための新しい教育システムが『KeiMakePlus+』です。授業後の時間を利用して、月・水曜はセレクトタイム(選択制カリキュラム)、火・木曜は部活動、金曜は個別補習(希望者)などを行います。また、独自のICT教育との相乗効果で、生徒一人ひとりのポテンシャルを伸ばす教育をプラスし、新しくなった大学入試にも対応する学びを展開しています。

教育のプラスを実現するセレクトタイム

 週2回のセレクトタイムでは、時期に応じてその時に必要なことを行う「学年セレクト」と自分を伸ばしたい力を4つのルートから選択する「探究セレクト」があります。学年セレクトでは、行事前にはその行事の準備、テスト前にはテスト勉強や補習を行います。探究セレクトでは、自分のレベルや目標に応じてルートを選び、一人ひとりのポテンシャルを伸ばす教育を行います。

学年セレクト

行事の事前準備

 さまざまな行事の事前学習や事後の振り返り、まとめ学習のほか、学年で企画したレクリエーションを行います。

5教科(国語・社会・数学・理科・英語)の補習

 授業で理解できなかった内容を克服できるようにするフォローアップや、授業で扱った内容の発展的な学習など、自分のレベルに対応した教科の補習を行います。

テスト勉強&質問会

 定期テスト前の自主学習を行います。生徒同士で教えあったり、わからないことがあればすぐに担当教科の先生に質問したりすることができます。

英検・GTEC対策

 英検やGTECなどの英語4技能検定の受検対策を行い、英語力の伸長と多様化する大学入試に備えます。

面談

 進路や勉強方法から学校生活まで、生徒一人ひとりと親身になって面談することで、不安や悩みを解決し、楽しい学校生活が送れるようにしています。

探究セレクト

 自分のレベルや目標に応じて以下のルートから選択します。この取り組みにより、得意な分野を伸ばすことで意欲的な学びを持続させ、一人ひとりのポテンシャルをさらに伸ばす教育を行います。

アドバンスト(東大・京大・医歯薬獣医系志望者向けのルート)

 超難関大学合格のために、中学段階で必要な力を身につけます。モチベーションを高めるとともに、多角的な思考力をつけ、また効果的な学習方法についても自ら考えます。

  • 英語(4技能向上のための活動、英検準2級以上のスピーキングとライティング指導など)
  • 数学(大学入試などをつかった論理的思考力の育成)
取り組み例

 英語では、自分の意見を英語でまとめて1分間で話すスピーチを行います。数学では、「なぜ?」という思いを持ちながら問題に取り組み、批判的思考力を養います。また、東大・京大を見据え、大学入試の過去問題にグループで取り組み、問題の読み取り方や考え方のきっかけを示すことで、生徒の試行が滞ることのないように工夫しています。

 

サイエンス(理数系のルート)

 理数系(理科・数学)の能力を伸ばすことに特化しています。実験や試行、観察などにより考察したことをまとめ、発表を行うことで、日頃の学習に対する意欲を育てます。

  • 理科(実験・自然科学的探究)
  • 数学(数理パズル・数学マジック)
取り組み例

 数学・物理・化学・生物という分野に分かれて、それぞれその分野に特化した取り組みを行います。例えば、化学は1~3年生で縦割り班をつくり中学から高校で扱う実験をたくさん行います。ただ実験を行うだけではなく、「なぜそうなるのか?」という仕組みや原理も一緒に学習します。

ソーシャル(文科系のルート)

 文科系(国語・社会・英語)の能力を伸ばすことに特化しています。調査や研究、創作などにより考察したことをまとめ、発表を行うことで、日頃の学習に対する意欲を育てます。

  • 表現(言語・表現活動)
  • 社会(人文社会的・社会科学的探究)
  • 国際(異文化探究)
取り組み例

 中日新聞社主催の「新聞切り抜き作品コンクール」に出品するため、多くの新聞を読み込み、自分のテーマに沿った記事を収集してまとめます。英語の異文化理解では、体験型ワークショップを通して理解を深め、中部大学の先生にも講義していただきます。また、生活に身近なものの歴史について生徒各自がテーマを設定し、インターネットや文献等で調べた内容をレポートにまとめます。

ベーシック(数学・英語の基礎学力向上をめざすルート)

 英語・数学の基礎力を身につけるために必要なことを確認します。「理解した!」「解けた!」という経験を重ねることで学ぶ意欲を引き出します。

  • 授業のフォローアップ
  • 定期テストへ向けた演習
取り組み例

 その時の授業で扱っている内容の解説と演習・復習で今覚えるべきことを学びます。生徒各自に応じて宿題の補助から定期テスト対策まで個別にサポートします。また、グループで問題に取り組み、答えが合うまで議論を交わすので解き方についての考え方が自然に身につきます。

各教科の取り組み(学習指導計画)

※各科目名をクリックすると、6年間の学習の流れが詳しくご覧いただけます。

国語(PDF形式:約420KB)PDFファイル

「論理的に読み解く」ことに気づく

 国語は文学の世界を楽しんだり、世界が抱える課題を発見して考えたりと、学ぶことがたくさんあります。春日丘では、身につけたい力に合わせてタブレットや教材を駆使し、効果的に学習を進めていきます。音読練習や弁論発表にもタブレットを使います。そして「春日丘メソッド」を通じ、論理的に考えることの大切さを実感するのです。

社会(PDF形式:約226KB)PDFファイル

「社会を変える」社会科の世界!

 「社会」と聞くと、暗記科目のイメージがあると思います。覚えることも大切ですが、春日丘では、覚えたことをもとに、考える力につなげることを重視しています。自分の身の回りで起こっている出来事を正しく理解し、その問題点を発見し、それを改善する。そんな力を育てていくために、タブレットなどICT機器を用いて、「楽しい」「わかる」「力がつく」授業を展開しています。

数学(PDF形式:約174KB)PDFファイル

数学の楽しさを実感

 数学では中高6年間を見通して、効率的に内容を習得できるよう進めていきます。その中で、数学の楽しさをより実感してもらうために、じっくり考え、発見し、それを伝える機会を多く取り入れています。タブレットを有効利用しながら、ペアワークなどで自分の考えを人に説明することで、さらに理解が深まります。ぜひ、数学好きになって、力をつけていきましょう。

理科(PDF形式:約245KB)PDFファイル

見方・考え方を身につける理科

 理科のネタは身近にたくさんあります。暗記や計算が苦手で嫌いになってしまった人でもその身近に興味関心を持つなど、きっかけ1つで理科好きになるものです。春日丘では1つの答え方だけにこだわらないアプローチで理科に対する"見方・考え方"が身につきます。探究のサイエンスとともに素晴らしい理科の世界をのぞきましょう。

英語(PDF形式:約461KB)PDFファイル

社会につながる英語力を身につけよう

 小学校英語で養われた素地をさらに伸ばすネイティブによる英会話。国際感覚を身につけるセミナーや語学研修。SDGsを意識した活動。普段の授業だけでなく、これらの活動を通じて、社会につながるために必要な英語力とコミュニケーション能力の向上をめざします。

 

教育課程(令和4年度)

  第1学年 第2学年 第3学年
国語 4 4 3
社会 3 3 4
数学 5 4.5 5.5
理科 4 4 4
音楽 1.5 1 1
美術 1.5 1 1
保健体育 3 3 3
技術・家庭 2 2 1
外国語 4.5 5.5 5.5
道徳 1 1 1
特別活動 1 1 1
総合的な学習の時間 1.5 2 2
総授業数 32 32 32
  • 第2・4土曜日はお休みです。
Adobe Readerのダウンロードサイトへ
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。
Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧頂けます。詳しくは、アドビシステムズ株式会社のサイト新しくウィンドウが立ち上がりますをご覧ください。