• ページの本文のみをプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。
  • ページ全体をプリントします。ブラウザの設定で「背景色とイメージを印刷する」設定にしてください。

台風・雨・雪に関する警報発令時

1.「暴風警報・暴風雪警報」が発令された場合の対応について

*名古屋市、瀬戸市、春日井市、犬山市、小牧市、尾張旭市のいずれかに発令されたとき

(1)登校前(在宅時)の場合

午前6時以前に「警報」が解除された場合は、平常授業を行います。
午前6時を過ぎても解除されない場合は、休校とします。

(2)在校中の場合

「暴風警報」が発令された場合は授業を中止し、安全を確認して生徒を速やかに下校させます。
ただし、通学路の通行が危険と認められるときや、帰宅が困難と認められるときは、校内に待機させます。
 

2.上記以外の警報(大雨・洪水警報等)が発令された場合の対応について

原則として平常授業を行います。ただし、地域によって危険性に差があるので、登校が危険であると生徒および家庭で判断される場合は自宅待機し、その旨を学校まで連絡してください。また、災害等で公共の交通機関が止まっている場合も同様とします。

お願い

保護者との連絡方法、帰宅方法を家庭で決めておいてください。
なお、休校とした場合はその分の授業を補充するための授業(補充授業)を行うこともあります。